内職いろいろ調べてたんだけど、ライターって結構いいかもしれない

- ツールを使いこなしてライターになる方法

ツールを使いこなしてライターになる方法

平成の現在は、たくさんの情報を得るため、コミュニケーションを取るためのツールで溢れているように思います。
フェイスブックや、ツイッター、ブログ、LINE、各種SNSサイトなどを見渡すと、誰かと繋がっていない状態があり得ない程だと思います。
こうしたたくさんのツールを活用してライターとして活動するなら、まずは自らがライティングする事が必要です。
また、そのライティングした作品を何かしらの形で整理し、インターネット上にアップしておくと良いでしょう。
ライティングした作品は、ライターとして募集されている案件に応募する際のアピールにもなりますし、広告代理店やその他出版社などの企業にもサンプル記事として読んでもらうこともできるでしょう。
フェイスブックやツイッターは企業との繋がりを持つこともできるのでおすすめです。
SNSサイトでも、日記の機能や、小説をアップできる機能があり、そう言った場を活用することも一つの方法でしょう。
SNSサイトの場合は、閉鎖の可能性も考えられますので、バックアップ代わりに他のツールと連携させておくと良いかもしれません。
ライターを始めるなら、経験と実績が一番大切ですので、そのためにも大変役立つものだと思います。